乾燥肌対策でやってはいけないこと スキンケアのNG

冬は空気そのものが乾燥しています。

さらに室内では暖房によりますます乾燥する環境になっています。

そうなると気になるのが肌の乾燥です。

肌がカサカサになり、かゆみがともなうと大きなストレスとなります。

乾燥は女性には大敵です。

お肌の乾燥は、シワやたるみなどを引き起こし、メイクのノリも悪くなるという悪循環を起こします。

スポンサーリンク

乾燥肌のかゆみの原因

一言でいえば、肌のバリア機能の低下です。

第一の原因はもちろん、冬の寒さと乾燥により起こります。

寒くなり、気温が低下すると血液の循環(血行)が悪くなります。

血行が悪くなると、肌の細胞に必要な栄養が行き届かなくなり、空気の乾燥に加えエアコンによる乾燥でどんどん肌の水分が少なくなり、皮膚の表面にひび割れができてバリア機能が低下します。

バリア機能が低下すると、外部からのちょっとした刺激を受けやすくなり、さらに、かゆみ神経にも影響し刺激を受けるとかゆみをもよおすことにつながります。

乾燥を招くやってはいけないNG行為


洗顔に時間をかけ過ぎている

メイクをしっかり落としたいと誰しも思いますが、実はクレンジングや洗顔に時間をかけ過ぎる、肌への負担が予想以上に大きくなり、乾燥を招いているのです。

熱いお湯で顔を洗っている

熱いお湯は肌への刺激が意外に強く、肌の皮脂膜が取り除かれ、セラミドや天然保湿因子などの重要な成分を奪ってしまうため肌の乾燥を招きます。

顔を洗うときは、少しぬるめのお湯がお勧めです。

長い入浴も同じで肌の保湿成分である皮脂がどんどん溶け出してしまいます。

ゴシゴシ洗う

顔だけではなく身体全体をタオルなどでゴシゴシ洗うと肌の角質を必要以上にはがしてしまい、肌トラブルの原因になり乾燥肌となります。

不規則な生活や食事

寒い冬だけの話ではないですが、寝不足や食生活の乱れは、肌荒れの原因となります。

冬の乾燥肌対策としてのお風呂の正しい入り方

お風呂は、心も体も温まって、ストレス解消の場となり、1日のうちで欠かすことのできない大事な習慣です。

お風呂の入り方を工夫することで乾燥肌の対策になります。

肌のバリア機能低下にならないお風呂の入り方をご紹介です。

1.お湯の温度は熱くしない

熱いお風呂出ないと身体が温まらないとお思いの方が多いですが、お湯の適温は38度~40度とされています。

真冬でも40度のお湯で10分~15分ゆっくり入れば、じわっと汗ばむくらいに温まります。

2.無理に温めようと長湯はしない

冬場でもお湯に浸かるのは10分~15分程度が理想です。

肌の保湿成分である皮脂がどんどん溶け出してしまいます。

3.体をゴシゴシ洗わない

タオルなどで体中ゴシゴシ洗うのではなく、手に石けんの泡を乗せて、肌をやさしく包むように洗います。

よくテレビのCMでも手で洗っている感じのやつです。

タオルを使わないようにというわけではなく、タオルを使う場合でも、柔らかいタオルで優しく洗うようにすれば大丈夫です。

4.入浴後のケアが重要

気持ちのいいお風呂からあがってもお肌がかさつくのは、お湯で肌の必要以上に皮脂が取り除かれ、大事な水分が奪われているからです。

お風呂からあがったら、肌が乾ききらないうちにボディー用の乳液などでうるおいケアをするようにします。

乾燥を招くついやってしまうNGのスキンケア

化粧水を強く叩きこんでいる

化粧水をつけるときに、手ではなくコットンでもパチパチと強く肌を叩くのは賛成できません。

乾燥している肌にとって強い刺激となります。

また、シミの原因にもなると言われています。

手でつける場合は、清潔な手に適量(指定量)を出して、優しく顔全体になじませます。

コットンの場合は、両面が化粧水でヒタヒタになるくらいにたっぷり含ませ、優しく顔になじませいきます。

硬めのクリームを使用する場合肌の上で伸ばしている

ニベア青缶のような少し硬めのクリームを使用する場合です。

顔にクリームをのせてから肌の上で伸ばすと、肌の上で摩擦が起き悪影響です。

手のひらに適量を出してから、もう片方の手のひらを上から重ねて温めるように伸ばし、柔らかくなってから肌に優しくなじませていきます。

乾燥肌のかゆみが出てしまった場合

バリア機能が低下している状態では、保湿するだけでは改善は難しいです。

肌本来のバリア機能を回復させるには、一時的に保湿するだけでなく、肌細胞を正常に戻す必要があります。

そこで薬の登場ですが、薬を塗るタイミングは、お風呂上り、肌が乾ききらないうちに塗るのが一番効果的です。

市販の薬を塗ってもなかなか改善しない場合や、かゆみがひどくなるようなときは、早めに皮膚科の受診をしてください。

乾燥を感じさせないメイクテク

乾燥肌をメイクの時にカバーし、さらに透明感を感じさせるメイクテクニックのご紹介です。

1、メイク前だけでなくメイク後にもしっかり保湿

感想をおさえ、透明感のある肌のためには保湿がなによりも重要です。

メイクの前だけでなく、メイク後にもミスト化粧水などでしっかり保湿を心がけるようにします。

お肌のハリや弾力だけでなく透明感のアップにもつながります。

2、ファンデーションにオイルをプラス

メイクでの肌の透明感を出すには、ツヤ感も重要です。

いつも通りにメイクをしてもくすんだ印象になり、気になるようならファンデーションにオイルを1滴プラスしてみてください。

これだけでお肌の仕上がりに潤いが増し、これも透明感アップにつながります。

つけすぎるとベタつきの原因になるので必ず少量で行います。

冬の乾燥のガサガサ肌は嫌ですよね。

是非、乾燥肌対策を行い少しでもストレスがないようにしてみてください。

靴下の重ねばきは冷え性を悪化させる 本当の冷え性対策