ハウステンボスがインスタ映えすぎると話題!長崎

スポンサーリンク

インスタ映えの宝庫!秋の「ハウステンボス」がフォトジェニックすぎる【長崎】

ヨーロッパの街並の中、散策を楽しんだり、アトラクションにのったりと、様々な楽しみ方ができる長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」。
大きなチョコレートオブジェに囲まれる「チョコレート伯爵の館」をはじめ、園内には女性の心をわしづかみにするインスタスポットが多数!あなたはどんな写真を撮りますか!?

ハウステンボス

空を埋め尽くすカラフルな傘。メルヘンの世界へようこそ。

遠くから見るとカラフルな傘が空に浮かんでいるよう
◆アンブレラストリート
・場所/アトラクションタウン

フォトジェニックスポットだらけのハウステンボス。中でもアンブレラストリートは、カラフルな傘がなんと1000本!頭上を埋め尽くし、幻想的な世に。また他にもショコラ伯爵の館など、穴場なフォトジェニックポイントも!要チェック。


巨大ボンボンショコラの壁はスイーツ女子にはたまらない空間。思わず「ハムッ」って食べちゃいそうに
◆ショコラ伯爵の館
・場所/アトラクションタウン
・営業時間/9時~22時
・料金/パスポート対象

◆撮影アドバイス
遠近法で「傘をいかにも持ってます風」やメリーポピンズ風など、撮り方次第で色々遊べる。

Lunchをするなら「悟空」


(C)ハウステンボス/J-18109
うちわ海老が1尾ドーン!
長崎名物ちゃんぽんの進化系。うちわ海老とコラボした新感覚のハイブリッドちゃんぽん。長崎産の新鮮なうちわ海老をまるっと1尾使用し、エビの甘みと旨みがスープに溶け込んでいる。
・TEL/0570-064-110 
・営業時間/11時~21時 ※日により異なる 
・料金/うちわ海老ちゃんぽん1780円

出典: www.jalan.net

観光スポットとして人気のハウステンボスは、長崎県佐世保市にあるテーマパーク。
略称は「HTB」または「テンボス」。
ハウステンボスとは、オランダ語で「森の家」という意味があります。
構成としては、17世紀のオランダの街並みが再現されたウォーターフロントリゾート。

様々なアミューズメント・ミュージアム施設をはじめ、ショッピングや、レストランも充実していることが評判。
欧州を感じさせる街には、季節の訪れを知らせる四季折々の花々が一年中咲き誇ります。
夜にはハウステンボスの街はまるごと光きらめく街へ一変します。
街のお城や、運河などが美しい光に照らされ、ガーデンや樹木にはイルミネーションがきらめきます。

東京ドームの33個分という広大な敷地面積で、単独テーマパークとして日本最大です。
ドラマ・映画・CMなどのロケ地としても使われ、佐世保市の町名にもなっています。

バラエティー番組としてもロケが行われて、毎年訪れるリピーターも多いのも魅力です。

ハウステンボスの口コミ

初めてのハウステンボスでしたが、朝から夜まで、1日中楽しめるパークです。非常に広い敷地なので、パーク内での移動手段もいろいろありますが、自由に楽しむのであれば、レンタサイクルがお薦めです。夜のイルミネーションや早朝の人が少ないパーク内を、好きな時に、好きな所で楽しめます。季節毎に楽しみ方が変わりそうなので、次回はまた違う季節に・・・
ちなみに、「ジパング探偵倶楽部」は初級コースでも結構難しく、レンタサイクル大活躍です。
お土産は、クリームチーズと黒豚のボロニアソーセージが「当たり」でした。

夕方からのハウステンボスの光の王国に行ってきました。 アトラクション等は、ほとんど入らず、お散歩デート。 ハウステンボスがオープンした25年前に行った時の印象より、格段にレベルアップ! 庭園や街並み等、ライトアップに驚きと感動、思わず、あちらこちらで写真をいっぱい撮ってしまいました(^_^;)v 結局、夕食したり、ショーを見たりして、約5時間では足りなかった… 次回は、もう少し、下調べをしてリベンジを!と、思えるテーマパークでした。 ただ、少し残念だったのは、ところどころ、イルミネーションの電球?が、切れてたのと、一部スタッフにショーマンシップを感じなかったところかな?

想像よりは、大人な場所でした。
室内のアトラクションばかりなので雨でも楽しめますが、
小さい子供向けは、ほとんどなくアトラクションは10代~30代が楽しめる感じです。
全体的には緑と花が綺麗なのでお年寄りにも楽しめる
少し高めの万博みたいな感じでした。
園内が広いので有料での送迎があり利用されておられる方が多かったです
なによりも人が少ないので人混みがまったくなくて楽でした。

イルミネーションはキレイ
園内は広いので船移動や自転車(2人乗り4人乗りなど色んな種類有り)がおすすめ。時間制ですが3時間3500円など、お値段は若干高め。
8歳以上から利用できるアトラクションが多かったですが、4歳の子も楽しんでいたので良かったです。
ミッフィーちゃんのお店がかわいかった。
イルミネーションはとってもキレイでした。夜も楽しめる。

ハウステンボスは大好きなスポットで、これで5回目の訪問でした。
朝一番から行って、園内くまなく散策し、観賞したり、乗り物にのったり、大満喫!
ラスト、夜のイルミネーションのショーは、本当に幻想的ですばらしく、ハウステンボスの1日の最高の締めくくりになりました!そろそろまた行きたいです。

チューリップ祭、花火、イルミネーション、いつ行っても楽しめます。園内もほどよい大きさで、散歩がてら歩いて回ります。パスポート代が高い気がするので、アトラクションがもう少しあったらいいな、と思います。

我が家の夏休みの旅行は、3年連続でハウステンボスです。毎年いくたびに、新しいアトラクションができ、飽きることがありません。昼間はプールやアトラクション、自転車に乗って園内を移動したりと、汗だくになりながらも子供と全力で楽しみました。夜は涼しくなり、イルミネーションを見ながら園内を散策したり、船からの景色を楽しんだり、美味しいビールを頂いたりと、大人の時間を楽しみました。昼間、園内の手入れをされてる方がいて、こういう方のおかげで、美しい景色を見る事ができるんだなぁと、感謝の気持ちでいっぱいでした。来年の夏休みの旅行も、ハウステンボスに決まりです。夏休みは花火があがる日もあるので、今度は花火に合わせて行きたいと思います。
出典 ハウステンボスの口コミ一覧

ハウステンボスの情報

問合せ/総合案内ナビダイヤル 
TEL/0570-064-110 
住所/長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1 
営業時間/9時~21時(最終入場) ※日により異なる 
定休日/なし 
料金/1DAY(入場+約50のアトラクション施設利用)大人6900円、中・高生5900円、4歳~小学生4500円、65歳以上6400円 
アクセス/西九州道佐世保大塔ICより針尾バイパス経由で10分
交通アクセス/
(1)福岡より電車で>博多駅→(特急「ハウステンボス」で1時間45分)→ハウステンボス
(2)福岡方面より車で>西九州自動車道・佐世保大塔IC→(国道205号)→ハウステンボス
(3)長崎方面より電車で>長崎駅→(長崎本線/大村線・快速「シーサイドライナー」で約1時間30分)→ハウステンボス
(4)長崎方面より車で>長崎自動車道・東そのぎIC→(国道205号)→ハウステンボス
駐車場/5000台(1回800円)

※この記事は2017年9月時点での情報です

インスタ映え ハウステンボス 写真館 こちらから!