女子力が上がる色 ピンクの効果と恋愛 女性ホルモン

身の周りのモノをピンクにして女子力UP↑ 色彩心理学に基づくと、ピンクは癒しの色・恋愛の色であり、女性ホルモンなどの分泌を促す色とされ、多くの女性にとって永遠のテーマである美と若さをつかさどる色なのです。

スポンサーリンク

女子力が上がる色 ピンクの効果

恋愛をすると女性ホルモンのエストロゲンだけでなくドーパミンの分泌も増えます。ストレス解消になると考えられています。別名快楽ホルモンとも言われていますよ。ドーパミンの分泌が増えると集中力が出るので空腹を感じないためダイエット効果も期待できます。
ハートの苺ミルク❤

・恋愛運アップ ・両想い ・女性ホルモンアップ pic.twitter.com/F55McpPY7C

恋愛をしなくなると女は、女性ホルモンの分泌量が減り、魅力が薄れさらに恋愛から遠のいてしまう。
【ダイエットに効果的な恋愛:その3】
彼氏・夫とはデートをしよう
一緒住み始めると、なかなか出かけることが少なくなり、スッピンの姿が当たり前になったり、オシャレをしなくなったりします。こうなると彼氏・夫にトキメキを感じなくなり、女性ホルモンの分泌はなくなります。
恋愛をすると綺麗になるというのはホント。
女性ホルモンが活発に分泌されて洗練された体になっていく。
☆女子力が上がる色 ピンクの効果☆ 身の周りのモノをピンクにして女子力UP↑ 色彩心理学に基づくと、ピンクは癒しの色・恋愛の色であり、女性ホルモンなどの分泌を促す色とされ、多くの女性にとって永遠のテーマである美と若さをつかさどる色なのです。
「恋をすると女性は綺麗になる」とよく言われるように、恋愛感情は、女性ホルモンの分泌を促進する。相手がすぐできなくても、恋愛映画や本でも◎。また、ペットなどと愛情を持ってスキンシップをすると、効果的。
ときめきは、女性をキレイにします。
気のせいではなく、恋愛をすると美容に作用するホルモンが
分泌されることが医学的に明らかになっていて、
PEA(フェニルエチルアミン)というホルモンで、
通称「ときめきホルモン」とも呼ばれています。
恋愛をするとバストが大きくなるという話がありますが、バストアップにはホルモンが大いに関係しています。乳腺は20代くらいまでは発達中で、この間に刺激があると乳腺が発達するので、恋愛によって女性ホルモンが活発になることはバストアップもするということになります。
❤甘くて濃厚なバラの香りは
女性ホルモンの分泌を促して
自然に恋心が高まってきます
バラの花びらを浮かべた紅茶
を飲めば女性らしい女性らしい
感性が強くなり恋愛運がアップします pic.twitter.com/qW7rq1iYCj
【ダイエットに効果的な恋愛:その1】
好きな人の写真を部屋に置く
彼氏、片想いの彼、など誰でもオッケー自分の部屋に写真を置きましょう。
「好きな人に見られている」「キレイって言って貰えるようにダイエットしよう」と思うことで女性ホルモンは分泌され、ダイエット効果があります

スポンサーリンク

シェアする

フォローする