子どもの可能性をつぶす一言 5歳までが重要な時期

スポンサーリンク

「ダメダメ!」が子どもの可能性をつぶす

子どもに対してつい口にしてしまう「ダメ!」などの禁止言葉。

親のしつけと思って無意識に発しているこの禁止言葉で、子どもの可能性をかなりつぶしてしまうと言います。

なぜなのか?

それを今回は見ていきます。

 

「子どもの脳の育て方」は5歳までが重要

子どもに毎日のように言ってしまう親の口癖。

「それはダメ!」という、ある意味しつけとしての子どもの行動を禁止する言葉が挙げられます。

 

部屋をおもちゃでいっぱい散らかしたり、水道の水を流しっぱなしにしたり、ティッシュペーパーを何枚も引っ張り出しついには全部出し切ったり。

こんな状況に遭遇した親は、思わず「ダメ!何してんの!!」という言葉が出てしまいます。

 

そういったつい出てしまう禁止の命令言葉が、子どもの可能性を頭からつぶしているとしたらどうでしょう。

頭ごなしに「ダメ!」と言えるでしょうか。

 

脳科学者で有名な茂木健一郎さんはこう言います。

「ダメ」という言葉は「子どもの可能性を見つける『宝探し』という観点においては、決しておすすめできない」

 

なぜ「ダメ」という言葉が、子どもにとってよくないのか

最初に最も重要なことを言いますと、5歳までが「学びの黄金期」で重要な時期です。

 

2歳くらいの子どもに見られる独特の行動で代表的なことは、おもちゃが入れてある箱をいろいろあさりながら、おもちゃを次から次へと出し、出すだけ出して結局はそのおもちゃで遊ばない。

また、本棚から全ての本を出して、出しただけでおしまい。

 

どちらもママからすれば家を散らかすだけの迷惑な行動にしか見えず、思わずイラっとしてしまいますね。

しかし、子どもにとってはそのような行動は無駄ではなく、自分が置かれた環境育っている部屋を探索し触ってみるという子ども独特の「意味のある行動」だと言います。

 

子どもは自分がいる環境で「何かできる」という可能性を感じとれば、それを実行したくなります。

 

それのような行動はまさしく子どもの脳が今まさにどんどん発達している証拠で、5歳まではそういった行動が特に多い「学びの黄金期」だと脳科学者である茂木さんは言います。

「今、悪さしてるこの子は、脳がどんどん成長しているんだな」という見方を意識して持つようにすれば、子育て中のママのイライラも少しは軽くなるのではないでしょうか。

 

 

人間の脳は5歳までに作られる

 

5歳までの子どもは「学びの黄金期」であり、毎日の出来事すべてに興味を抱きワクワク感でいっぱいです。

このある意味ドキドキする、子どものワクワク体験はその時、脳にドーパミンという物質を分泌させていて、特に楽しいことを経験した時はそのドーパミンが出やすいと言われています。

 

そのため、人間は楽しいことに集中し熱中しているとどんどんドーパミンが出るため、人間をより意欲的にさせると言います。

この人間の意欲こそが、子どもとしての「集中力」や「創造力」を沸き立たせ、最も大事な茂木さんがよく言う「脳の土台」を作り上げるわけです。

また、「人間の脳は5歳までに出来上がる」と言われますから、5歳になるまでに色々なことに興味を持たせ、チャレンジさせ、体感させることが「脳の土台」を作るための重要なことだと思います。

 

 

 

「ダメ!」は子どもの可能性をつぶしている

5歳までは子どもの脳がどんどん成長している重要な時期です。

そのような重要な時期に「ダメ!」っと言われると、子どもの「やる気」はそがれ、創造力はいとも簡単に失われてしまいます。

 

その結果、何に対してもどんどん興味を持たない子ども、無気力な子ども集中できない子どもになってしまう可能性が高くなります。

さらに言えば自立心が乏しく、自発性に欠け、自分では何もできない子どもになってしまう可能性があると言います。

 

小学生になったある時期「野球がしたい」「ピアノが習いたい」と言いだすのは、その子どもに意欲があるからです。

その時に詳しく話も聞かず頭から「ダメ!」と言われれば、子どものやる気は一気に失われます。

さらに、もう二度と言わないしチャレンジもしないという気持ちに、もしなってしまえば最悪です。

 

ですので、5歳くらいまでの子どもに対しても、創造的な意欲ある行動をしている時は、頭ごなしに「ダメ!」と言うのは避けたいですね。

子どもにやる気満々の気持ちのある時の「ダメ!」は、先ほど述べたように子どもの自立心や自発性にも大きく影響します。

子どもの可能性をつぶしてしまうことになりますので、今後は親としては意識したいところです。

 

 

親として心がけたいこと

子どもの「脳の育て方」として親が心がけたいことはなるべく「子どもの探求心の邪魔をしない」ということです。

優しい気持ちで見守ることが大切です。

「子どもにとっての安全基地になる」ことだと茂木さんは言います。

 

子どもの邪魔はしない

子どもの脳の発達のためには「やりたい」「触ってみたい」を親の都合による「ダメ!」という一言で止めてしまわずに、子どもの身体に危険が及ばなければ、そっと見守って自由にしてはどうでしょう。

子どものやる気を親の都合で失わせないことが、子ども自身の可能性・創造性を育むという上で重要になります。

脳の発達の重要な時期に一緒にいるということを認識して親としても行動したいです。

 

子どもにとっての「よりどころ」になる

忙しい時にかぎって「ママーー!」と言ってくる子どもについイラっとしてしまう子育てママも多いはずです。

忙しいとついて「後で」などと言ってしまいますが、実はこのような子どもの行動は子どもにとって重要な愛着行動です。

子どもが心を安定させるための行動で、親に心のよりどころを求める仕草となります。

 

子どもにとって安心できる場所、つまり愛する親の存在があるからこそ、子どもは子どもらしく無邪気に様々な行動をとり、脳を発達させていきます。

 

 

このように、5歳までの重要な時期に子どもの創造力と意欲を、ついつい言ってしまう「ダメ!」の一言でつぶさないことです。

子どもの意欲を尊重していろいろ行動させ、子どもにとってのよりどころとして見守ってあげる、これが親として心掛けるべきことです。

 

子どもに本当に必要なのは、たくさんの習い事をさせるだけではありません。

人一倍厳しくすることでもありません、

子どもの興味があることを見つけ出してあげ、意欲的に自ら行動できるように、親がそっとサポートすることです。

 

子どもにとって大事な時期を共有していることを忘れずに親として接していきましょう。