靴下の重ねばきは冷え性を悪化させる 本当の冷え性対策

スポンサーリンク

冷え性が原因の身体の不調

冬・・・冷え性の女性は特につらい季節です。

慢性化した冷え性によってなかなか眠れず、手足が冷たくて夜中に目が覚めるということもあり睡眠不足になったり、肩こりがひどくなり、はたまた頭痛が発症したりします。

その他にも体全体にも不調が出たりと様々な症状が現れるだけでなく、免疫力も低下して病気にかかりやすくなってしまうのです。

冷え性が起こると、身体の代謝が落ち、女性には厳しいですが実は痩せにくい体質になります。

また、過剰な冷え性対策をすることにより熱が放出されにくくなるので、慢性的な冷え性に陥るという悪循環が起こります。

このように冷え性により現れる身体の不調は実はたくさんあります。

冷え性が原因で発症する症状を確認していきます。

肌のトラブルが急増

身体が冷えると、血流が悪くなります。そうすると血行不良が起こり、クマやくすみが発生しやすくなります。

通常、何らかのダメージを受けていても、代謝の働きで新たな細胞が生まれ活性化して改善することが多いのですが、冷え性を抱える時期は新陳代謝のサイクルが短くなり、新たな細胞が作られる前に次々とダメージを受けてしまうため、肌トラブルの改善サイクルが追い付かず、くすみが発生してしまうわけです。

免疫力の低下

一般に体温が下がると免疫力が低下するといわれています。

免疫力が低下してしまうと、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなるだけでなく、実は疲れやすくなることも報告されています。

むくみがひどくなる

身体が冷えると血流が悪くなるので、基礎代謝量の減少とともに新陳代謝も悪くなります。

新陳代謝が悪くなると老廃物がたまります。

また身体を循環している水分が、手や顔、足などにたまりやすくなり、むくみを引き起こしやすくなります。

このような症状に心当たりがあるという冷え性を抱えた女性は多いはずです。

身体が慢性的に冷えた状態が続き、身体のさまざまな部分に不調が現れる症状が冷え性です。

一般的に冷え性は男性よりも女性に多く起こる症状だといわれています。

これは男性に比べ女性のほうが脂肪が多く、筋肉の量が少ないことが所以です。

男性より筋肉量が少ない女性の身体はエネルギーそのものを生成しにくい状況です。

さらに、脂肪は体内の熱の放出を妨げてしまっています。

身体が冷えた場合に脂肪は保冷剤のような作用をすることで、身体をどんどん冷やしてしまうと考えられています。

また悪循環となっているのが、いったん身体が冷えてしまうと基礎代謝量が減って、脂肪がつきやすくなるので太りやすい体質になってしまいます。

するとますます脂肪が蓄えられ、冷え性がなかなか改善しなくなっていきます。

そのため、冷え性をそのまま放置するのではなく、早めに冷え性を改善することが大切です。

冷え性の原因は無理なダイエットにある

冷え性の外的原因は何か

1、極端なダイエット

ダイエットのために食事量を極端に減らすことを体験した方も多いと思います。

食事を減らすと体温を維持するエネルギーが不足してしまって冷え性になってしまうことがあります。

2、運動不足

運動をしないと筋肉量が当然減ります。

筋肉量が減ると体に必要な熱・エネルギーを作り出せなくなってしまいます。

筋肉が減少することにより血行が悪くなるため熱を身体に上手に運べなくなってしまい、身体が冷えてしまうという悪循環の原因になっています。

座っていることが多い人や普段から運動量が少ない人は、要注意です。

冷え性の内的原因は何か

手足が冷える大きな原因として考えられるのは、身体が体温を上げようとしていないことです。

そして、身体の末端まで血液を行き渡らせる毛細血管が十分に機能していないことだと言われています。

1、血液ドロドロ

血液が「さらさら」ではなく、ドロドロになる原因は様々ですが、血液がドロドロだと毛細血管を血液が通りにくくなります。

末端まで血液が十分循環しないことで冷え性となっていきます。

2、 鉄分の不足

女性は特に鉄分が不足しがちです。

鉄分をしっかりとることにより体の隅々まで血液を運んでくれています。

ですので鉄分が不足していると必然的に隅々まで血液が循環しにくくなり冷え性の原因になるというわけです。

冷え性を根本から治すためには、これらの原因に着目して対策をとることが重要になります。

根本的に冷え性を改善する方法

冷え性を根本から治すのは適度な運動です。

冷え性を根本から治すには、適度な運動が一番効果的です。

運動をすると血液の流れが良くなり、その流れが刺激となり、毛細血管というのはさらに枝分かれして増えていきます。

そして、身体の隅々まで血液が行き渡ることで、冷え性は改善していきます。

逆に、運動をしないと毛細血管は刺激を受けないため、どんどん衰えていき、減っていきます。

毛細血管が増えるか減るかが冷え性を根本的に治す一番の近道です。

激しい運動をすると血液がドロドロになってしまう可能性がありますので、ウォーキングや家でも出来る踏み台昇降などの有酸素運動がおすすめです。

なかなか運動する時間がないという方もいるでしょう。

そういう人は、冷え性に効果的な食事を摂るようにします。

冷え性に効果的な食事方法をご紹介します。

冷え性に効果がある食事

身体を温めるエネルギーは食事から作られます。

主食、主菜、副菜といったバランスが整った食事を心がけ、食事の量を減らしすぎないようにします。

ですので、過度なダイエットは厳禁です。

1、身体を温める食材を意識する

身体を温めてくれる食材として、ショウガやニンニクは有名です。

ゴボウや大根などの根菜類、胡椒や唐辛子などの香辛料、イモや米といった穀物、エビや肉などのたんぱく質を意識して摂取するようにします。

ビタミンCやビタミンEなども体を温めて血行を良くしてくれるので、それらも意識して食事を見直していきます。

※食事については後で詳しく解説します。

2、食事で血液をサラサラにして冷え性を改善する

血液がドロドロだと冷え性になりやすいです。

逆に言えば血液をサラサラにすれば冷え性は改善されるということです。

血液をサラサラにする方法は、血液をサラサラにしてくれる食べ物を意識して摂ることです。

では、何が効果的なのか?

A、お茶(緑茶、ウーロン茶、麦茶)

B、青魚(アジ、サンマ、イワシ、サバ、カツオ、ブリなど)

C、納豆

D、きのこ類

E、海藻類

さまざまな不調が現れる冷えですが、日々の食事を見直すことで冷え症の改善と予防ができます。

食生活を見直して冷え性を改善する

人間は食事によりエネルギーになる元を体内にとり入れていますが、よく噛まずに食べると体内で十分にエネルギーが作られず、身体を温めることができなくなります。

しっかりと噛んで食べ、満腹中枢を刺激することも大事です。

そうすると結果的にエネルギーも作られやすくなり満腹中枢も刺激しているので食事量も少なくなり、身体を温めることにつながります。

毎朝、朝食をしっかり食べるということも大事です。

朝食をしっかり食べずにいると、朝、身体を温めるエネルギーが不足します。身体を温めるのもエネルギーが必要ですので、冷え性を悪化させることになります。

また、身体が温まらず冷えたままだと血流が悪くなるだけでなく、通常よりも冷えた血液が身体に循環することになります。

そのため、身体は一向に温まることなく冷え性が悪化するわけです。

逆にいえば、朝食をしっかり食べることで、冷え性を改善・予防することができます。

冷え性の改善に効果的な食べ物

・白米

・たまねぎ

・かぼちゃ

・にんじん

・ハスカップ

・ネギ

・しょうが

・しそ

・ニンニク

・唐辛子

積極的に毎日の食事に取り入れて、体内改善に取り組み、普段から身体を内側から温めることを意識しましょう。

身体を冷やす食べ物

・トマト

・きゅうり

・なす

・ゴーヤ

冷え性に効果がある飲み物

食生活の改善が冷え性の改善につながるように、普段の飲み物にも気をつけることで冷え性の予防ができます。

冷え性の予防に効果があり、身体を温めてくれる飲み物をご紹介します。

1、しょうが紅茶

数多くある身体を温める食材のなかでも特に有名なしょうが。

しょうがは乾燥や加熱されることでショウガオールという成分ができます。

ショウガオールには身体を内側から温める効果があるので、身体を芯から温めることができ、血行促進につながり身体がポカポカになるということです。

しょうが紅茶のつくり方は、しょうがを薄切りにして、天日干しにします。

天日干して水分がなくなったら、そのしょうがとはちみつを紅茶に入れます。

簡単ですよ。

2、しょうがスープ

しょうがスープも取り入れてください。

しょうがスープは普段食べている味噌汁やスープなどの汁物料理に、しょうがをひとかけらおろしたものを加えるだけ。

スープの具材は大根が効果的です。

大根にはカリウムが豊富に含まれているため、むくみの予防効果にもなります。

むくみが解消されると血行が良くなりますので、冷え症の予防効果が高まり相乗化が狙えます。

3、ココア

ココアはミネラル、ビタミンの他に食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています。

そのため、美容や疲労回復、便秘、さらにはダイエット効果も期待できる飲み物でも有名です。

ココアの成分には手足などの末梢部をゆっくり温める作用があるとも言われています。

実はしょうがの体温上昇作用には即効性があるとされますが、反面、冷めるのも早いのも事実。

しかし、ココアの場合は長時間手足を温め続けてくれるとされます。

4、ウーロン茶・紅茶

ウーロン茶や紅茶のような一度発酵させたお茶は身体を温める作用があります。

緑茶は身体を冷やすとされます。

ですので、茶色いお茶は身体を温めると考えてください。

コーヒーや緑茶、ホットミルクなどは身体を冷やす作用があります。

また白湯も身体を冷やすといわれているので要注意です。

身体を冷やす飲み物

・コーヒー

・緑茶

・白湯

・ミルク

もちろん、温めてホットで飲めば一時的に体温は上がりますが、その後でじわじわと身体を冷やしてしまう作用があります。

きちんと身体を温めてくれる飲み物で、冷え性対策を行いましょう。

冷え性はただ温めるだけでは改善しない

冷え性の人は手足を温めたほうがいいというのは事実です。

しかし、温めすぎても効果は期待できません。

冷え性だからと言って、手足が冷えても温めすぎないのが重要です。

モコモコ靴下の重ね履きをしていませんか?

そのうえで、ホットカーペットやホッカイロなど、常に身体をポッカポカに温めるのはちょっと賛成できません。

身体が温まり過ぎると、「暑いから毛細血管を収縮させて身体を冷やそう」という指令を身体が出します。

冷え冷えの手足を適度に温めることは、血流を促す意味でも必要なことですが、靴下の重ね履きをして、こたつや電気カーペットなどで、ガンガンに温めると逆効果になります。

また、靴下を重ねてはくと、足の血流が阻害されることで、ただでさえ血行が悪いのにさらに末端の指先まで血流が行きわたらず、逆に足の冷えの原因になってしまいます。

多くの女性を悩ませる冷え症の最大の原因は、血流が悪くなることです。

冷え性の外的要因は食生活の乱れや過度な服装など、身近なところに隠れているものです。

食事の改善や飲み物などの工夫で内側から冷え性の改善と予防ができます。

自分にできるところから始めて、悩ませてきた冷え性の根本的改善に取り組んでみてください。

睡眠の重要性はこちらから!